TimeSelectorの人工知能:人工知能の活躍

PDCAサイクルと人工知能

PDCAサイクルとは確実に目標を達成するための典型的なマネジメント手法であり、 資格や入試などの勉強にも有効に活用できます。 下図は、長期(3ヶ月〜半年間)の学習を要する難関試験に向けた典型的なPDCAサイクルです。 まず試験日までの勉強計画を立てます。 その後、1日サイクルで勉強と進捗確認を行い、1週間サイクルで見直しと再計画を行います。 これを試験日まで繰り返し行い、確実に目標達成に近づけていきます。 TimeSelectorの人工知能は、このPDCAサイクルの中で「計画」を自動化し、長期の試験勉強で活躍し ます。

人工知能の活躍シーン

1. 試験日までの長期スケジュールの見積もり
2. 1週間ごとの定期再スケジュール



1.試験日までの長期スケジュールの見積もり

最初のスケジューリングで一番大変なのは、計画を立てた時点で既に破綻していた時のやり直しです。 これは、スケジュール期間が長ければ長いほど、再計画に時間がかかる上(半日とか1日とか)、 試行錯誤するため非常に大変な作業になります。 TimeSelectorを使う場合、【オートスケジューリング】をクリックするだけで 人工知能が自動的にスケジューリングしてくれるので 3ヶ月先、6ヶ月先の長期スケジュールを簡単に見通すことができます。 また、この時点で計画が破綻していた場合でも、勉強量や空き時間を調整した後、 再び【オートスケジューリング】をクリックすれば簡単に再計画する事ができます。



2. 1週間ごとの定期再スケジュール

難関試験に向けた典型的なPDCAサイクルの中では1週間間隔で再計画を行います。 この再計画ではこの1週間での計画と実績のずれを見直します。 試験日までの6ヶ月間ある場合、26週間PDCAサイクルを回すことになります。 つまり、最低26回再計画を行うのです。 これに加え、実際には1週間の定期的な見直し以外にも、 「急用が入って勉強予定時間が大幅に削減された」 「体調を崩し、土日が2日とも丸々つぶれた」 「通勤方法が変わり、電車での勉強時間がなくなった。」 のような急な予定の変更が発生するものです。 TimeSelectorなら、登録情報を変更し、【オートスケジューリング】を クリックするだけで急な予定変更にも対応できます。



TimeSelectorの各エディションの機能比較

機能名 フリー
エディション
スタンダード
エディション
プロフェッショナル
エディション
オートスケジューリング機能
○:対応 ○:対応 ○:対応
試験日までの長期スケジュールの見積もり
△:管理できる仕事(タスク)の数に制限があります。 ○:対応 ○:対応
1週間ごとの定期再スケジュール
○:対応 ○:対応 ○:対応

[次へ] TimeSelectorの人工知能:人工知能の活用準備




お客様の声を掲載

お忙しい中、TimeSelector の概要説明をお読み頂きまして、
誠にありがとうございます。
お客様から頂いたお客様の声をご紹介いたします。


Q&A

「Q&A」ではお客様からのお問い合わせの多い
ご質問内容を掲載しております。

ご不明な点がございましたら、
お気軽に「お問い合わせ」までご連絡下さい。


[次へ] TimeSelectorの人工知能:人工知能の活用準備


本サイトはYAHOO!ビジネスエクスプレスの審査に合格したYAHOO!カテゴリ登録サイトです。
安心してサイトを閲覧できます。

<< サブメニュー >>

TimeSelectorの全体概要

全体的な概要説明

TimeSelectorの使い方

7分で分かるタイムセレクタの使い方動画

TimeSelectorのコンセプト

『TimeSelector』のコンセプトについて

TimeSelectorの人工知能

人工知能の活躍
人工知能の活用準備

人工知能の基本動作

勉強タスクの自動配分
勉強タスクの非分割条件
勉強タスクの配分順番条件
勉強タスクの場所指定
勉強タスクの曜日指定
勉強タスクの復習機能

複数プロジェクトの扱い

複数プロジェクトの配分
複数プロジェクトの切り替え機能
プロジェクトの進行倍率
勉強負荷の平滑化

進化する人工知能

一次元から高次元思考のスケジュールへ
高次元思考型人工知能エンジン

TimeSelectorの最大の利点

目標を達成するための緻密で明確な計画が立てられる

無料ライセンスのお申し込み


TimeSelectorのクーポン

クーポンの発行について