人工知能の基本動作:勉強タスクの復習機能


勉強は、やっても忘れてしまっては意味がありません。 試験当日まで勉強したことを覚えていなければ意味がないのです。 そこで、TimeSelectorの復習機能を使うと、エビングハウスの忘却曲線を意識した復習スケジュールがで き、忘れにくい記憶である長期記憶を形成するスケジュールを組むことができます。

海馬に記憶が保管されている期間は、長くても1ヶ月であると言われています。

つまり、この1ヶ月こそが復習の絶好 のチャンスなのです。このタイミングを逃すと、復習の効果は得られません。

忘却曲線を考慮に入れると、科学的にもっとも効率的な復習スケジュールは、まず1週間後に 1回目、つぎにこの復習から2週間後に2回目、そして、最後に2回目の復習から1ヶ月後に 3回目、というように1回の学習と3回の復習を少しずつ間隔を広くしながら、2ヶ月かけて行うことです。

(参考文献:『記憶力を強くする』 著者:池谷裕二 講談社 より抜粋。池谷裕二様より、掲載に対して許可を頂いております。)
下図は、計算問題以外の問1、問4、問5の勉強タスクに対し、復習機能を使用してオートスケジューリ ングした結果です。
(※復習時期、復習回数は個人の勉強スタイルに合わせ、自由に指定できるようになっています。)


・復習回数は1回を指定
・復習時期は2日以降7日以内を指定


このようにして、復習機能を使うことで指定した期間内に復習を盛り込んでスケジューリングされます。


TimeSelectorの各エディションの機能比較

機能名 フリー
エディション
スタンダード
エディション
プロフェッショナル
エディション
勉強タスクの復習機能(復習タスクを含むオートスケジューリング機能)
○:対応 ×:非対応 ○:対応
復習を簡単に追加することができる機能
○:対応 ○:対応(注意:復習タスクの追加は可能ですが、復習タスクが含まれている場合、オートスケジューリングできません。) ○:対応
エビングハウスの忘却曲線を意識した復習スケジュールを考案する機能
○:対応 ×:非対応 ○:対応
復習時期、復習回数は個人の勉強スタイルに合わせ、復習スケジュールを考案する機能
○:対応 ×:非対応 ○:対応
2回目の復習時間は1回目の復習時間よりも短くなるように時間配分を簡単に設定できる機能
○:対応 ×:非対応 ○:対応
復習したいタスクのみ復習を追加できる機能
○:対応 ○:対応(注意:復習タスクの追加は可能ですが、復習タスクが含まれている場合、オートスケジューリングできません。) ○:対応

注意:勉強は復習しなければ、身につきません。エディションを選ぶ際はよくご検討ください。

[次へ] 複数プロジェクトの扱い:複数プロジェクトの配分



お客様の声を掲載

お忙しい中、TimeSelector の概要説明をお読み頂きまして、
誠にありがとうございます。
お客様から頂いたお客様の声をご紹介いたします。


Q&A

「Q&A」ではお客様からのお問い合わせの多い
ご質問内容を掲載しております。

ご不明な点がございましたら、
お気軽に「お問い合わせ」までご連絡下さい。


[次へ] 複数プロジェクトの扱い:複数プロジェクトの配分


本サイトはYAHOO!ビジネスエクスプレスの審査に合格したYAHOO!カテゴリ登録サイトです。
安心してサイトを閲覧できます。

<< サブメニュー >>

TimeSelectorの全体概要

全体的な概要説明

TimeSelectorの使い方

7分で分かるタイムセレクタの使い方動画

TimeSelectorのコンセプト

『TimeSelector』のコンセプトについて

TimeSelectorの人工知能

人工知能の活躍
人工知能の活用準備

人工知能の基本動作

勉強タスクの自動配分
勉強タスクの非分割条件
勉強タスクの配分順番条件
勉強タスクの場所指定
勉強タスクの曜日指定
勉強タスクの復習機能

複数プロジェクトの扱い

複数プロジェクトの配分
複数プロジェクトの切り替え機能
プロジェクトの進行倍率
勉強負荷の平滑化

進化する人工知能

一次元から高次元思考のスケジュールへ
高次元思考型人工知能エンジン

TimeSelectorの最大の利点

目標を達成するための緻密で明確な計画が立てられる

無料ライセンスのお申し込み


TimeSelectorのクーポン

クーポンの発行について